2007年2月18日日曜日

モデル事務所とモデルスクール

モデル事務所とは、所属しているモデルたちの仕事を見つけて斡旋してくれるところです。その仕事で、所属モデルは収入が得られます。そしてその収入の一部がコミッションとして差し引かれ、モデル事務所の収入となります。よって、当然仕事がきそうな、素質や可能性のある人を、モデル事務所は所属モデルとして選定することになります。
一方モデルスクールは、モデルを養成するための学校ですから、授業料を支払うことになります。学校側からすれば、授業料を支払ってくれれば誰でもいいわけですから、その人がモデルの素質があるかどうかは問わないことになりますね。
モデル事務所とモデルスクールでは、お金の出入りが逆であること、そしてモデルの素質が問われるかどうか、全然異なりますので理解しておく必要があるでしょう。
モデル事務所が仕事を探す際に、宣伝として使うコンポジット・カード(モデルの撮影サンプル)の作製料は、モデルの自己負担です。しかし、仕事がとれるようになるため受講が必須として受講料を請求されたり、所属の登録料を請求されたりした場合は??? この場合は、よく状況を見極めて、時間とお金を無駄にしないように注意する必要があります。

1 件のコメント:

barb michelen さんのコメント...

Hello I just entered before I have to leave to the airport, it's been very nice to meet you, if you want here is the site I told you about where I type some stuff and make good money (I work from home): here it is